メニュー

新着情報一覧 - 健康習慣ジム VIVA 水道筋|神戸市灘区 「続けやすさ」と「成果」にこだわったアットホームな小型スポーツジム

お問い合わせ

新着情報一覧

WHAT'S NEW

血管ともに老化する

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年07月01日(金)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

血管は道路、血流は交通の流れと例え、

 

その恩恵を受けながら酸素や栄養を各細胞へ送っております。

 

送るだけでなく、各細胞から出た老廃物も回収して移動させます。

 

動脈を大通りとすれば、各家庭に繋がるような路地の役目をした血管があります。

 

それが毛細血管です。

 

毛細血管は血管全体の9割を占めています。

 

昨今、その毛細血管に血液が流れないことが問題になっております。

 

これを「ゴースト血管」と呼び、毛細血管は存在しておりますが、

 

その血管には血が通っていないことを表します。

 

毛細血管がゴースト化することで

 

認知症、骨粗鬆症、糖尿病、見た目の老化など

 

さまざまな不調のリスクが高くなります。

 

そんな血管、血流を良くする為に、お水を飲めば血流が良くなり

 

簡単解決はできません。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

血管や血流を整えることは健康に向かう1歩

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年06月28日(火)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

前回は血管と血流を整える重要性をお伝えしました。

 

なぜなら、体にとってのインフラであるからです。

 

心臓も、脳も酸素や栄養が送られなければ、機能しません。

 

その送る経路が血管であり、血流です。

 

ただ生活習慣の乱れによって、この経路の整備にも悪影響を及ぼします。

 

血管や血流は道路であり、交通の流れです。

 

その整備を怠れば、事故渋滞という名の狭窄が起こります。

 

この狭窄が起こることによって、流れが妨げられます。

 

この狭窄が起こる場所によっても危険度は変わります。

 

例えば、首の血管に起これば脳梗塞、

 

心臓の血管→心筋梗塞

 

腎臓の血管→腎不全、人工透析

 

足の血管→閉塞性動脈硬化症と様々です。

 

このようにならない為には血管、血流を良好に保つことが必要不可欠です。

 

では、血管、血流を良好に保つ方法を次回お伝えします。

日々疲れやすい方の原因は?

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年06月26日(日)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

日々カラダが重だるい、疲れていると感じている方は多いと思います。

 

それだけ日々カラダには様々なストレスがかかり、

 

そのストレスを受け止めやすくなっているからです。

 

そのような方々は交感神経が働き過ぎてしまい、

 

リラックスする副交感神経が働きにくくなっている

 

またはその切り替えがスムーズに行われていないことが原因です。

 

この交感神経と副交感神経の組み合わせを自律神経と言います。

 

自律神経は内臓や血管、ホルモンなどの働きをコントロールしており、

 

体の内部環境を一定に保つために働く神経です。

 

意思でコントロールすることはできず、自動的に機能をコントロールされております。

 

体温維持から汗をかくことも消化機能も指示のもと動くわけではなく、

 

自動的に行われているものです。

 

ただこのリズムは運動不足や寝不足、ストレスなどによって

 

本来のリズムから崩れます。

 

そのリズムが崩れることによって、

 

体本来の機能が低下しますので、何かしらの不調として現れます。

 

体調を崩す原因は、各種ストレスであり、そのストレスを受けやすくするのは

 

自律神経の乱れです。

 

 

血管や血流に障害が生じれば健康を損なう

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年06月22日(水)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

血管や血流は体のインフラです。

 

要するに体の基盤です。

 

血管が道路であり、血流は道路環境のようなものです。

 

これらに障害が生じれば、必要な酸素や栄養(物資)を各細胞(家・会社)に届けられなくなり

 

体(生活・運営)を良好に保てなくなります。

また血管や血流は輸送路だけでなく、

 

細胞(家や会社)から出た老廃物(ゴミ)を回収して運ぶ道路でもあります。

 

だからこそ常に道路を整備しておかなければ、循環がスムーズに行われません。

 

では、整備が行き届かなくなったらどのような不調が発生するか?

 

それは次回にお伝えします。

 

それでは。

ストレスを抱えやすい方ほど睡眠の質が低下している

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年06月20日(月)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

体調を崩す要因の多くがストレスであるとお伝えし、

 

その上で自律神経のONとOFFのスイッチの切り替えが悪くなると

 

ストレスを感じやすくなり、体調を崩しやすくなることをお伝えしました。

 

今回は改善方法の1つをお伝えします。

 

まずは睡眠です。

 

睡眠といっても単純に「睡眠時間を増やしましょう」ではなく

 

睡眠初期の眠りの深さを高めることがポイントです。

 

勿論、時間も大事ですが、睡眠初期の深さが大切です。

 

その深さを作るには自律神経の交感神経(活動モード)が優位では深くなりません。

 

副交感神経(お休みモード)であることで深くなります。

 

そして、その深さを作る為には朝の習慣から大切です。

 

まず朝起きたら天候関係なく、紫外線を浴びることが大切です。

 

天候が悪くても紫外線は出ております。

 

つまり、カーテンを開けて数分外に出るか、窓を開けて浴びるようにしましょう。

 

これによって睡眠を深くするホルモンであるメラトニンが一度リセットされ、

 

そのあと約15時間後くらいに再び出始めて、体内を寝る環境へ整えていきます。

 

次に日中です。

 

まずは昼寝をしない、またはしたとしても、10分〜15分以内で留めることです。

 

上記時間であれば影響はありませんが、

 

30分以上となると夜の睡眠に影響を及ぼします。

 

なぜなら先程のメラトニンの分泌されるタイミングがどんどん後ろへずれていくからです。

 

仮に昼寝をするにしてもアラームをかけるか、布団には入らずその場で横になるくらいに留めておきましょう。

 

ここまででも初めのうちは意識して取り組まないと

 

つい怠ってしまう習慣もあると思います。

 

ここで示したものは理想ですので、いきなり全てを完璧に行おうとせず

 

できるところから始めて続けることを目標としてみてくださいね。

 

それでは。

姿勢と体調不良

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年06月17日(金)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

姿勢が崩れると、自律神経にも影響を与えます。

 

一般的には猫背や反り腰は、交感神経を常にオンの状態に促します。

 

すると、血圧は高くなり、呼吸の頻度も高くなり、体は活動モードです。

 

その結果として疲れやすくなります。

 

反対に背骨の柔軟性の高くなり、猫背や反り腰が緩和することで

 

体をリラックスさせ、消化を助ける副交感神経へ適正にスイッチが切り替わります。

 

どっちが良くて、どっちが悪いではありません。

 

両方が必要で、オンとオフの切り替えができることが大切です。

 

では、どのような姿勢を目指すべきか?

 

ここは一人でチェックすることは難しいので、トレーナーに聞いていただければと思います。

 

言葉で表すと、背骨(首〜腰)は全体の形としてS字型であること、

 

その上で丸まったり、反ったりと動けることも併せて大切です。(笑)

 

これでは、わかりづらいですね・・VIVAに通われているお客様はトレーナーまで!

 

いつも座りっぱなしや動くことも日常動作だけでは

 

動作や姿勢に偏りが生まれて背骨が硬くなることは目に見えますね。

 

だからこそ運動することが大切です。

 

皆様の背骨は自在に動きますか?

熱中症にならないために

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年06月14日(火)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

暑くなってきましたが、こんな時こそ適度に運動することとお風呂に浸かることは大切です。

 

もっと掘り下げれば、運動することやお風呂に浸かるなどして、汗をかくことが大切なのです。

 

汗を出す汗腺を整えておくことによって、老廃物を外に出すことはもちろんですが、

 

この時期は熱中症予防になるからですね。

 

普段、運動習慣がなかったり、お風呂に浸かる習慣が無いと、汗をかく機会が少なくなり

 

体温調整する機能が衰えます。

 

汗をかくことで体温調節がされているのです。

 

だから汗をかきにくくなれば、熱を外へ逃すことができず、熱中症になるリスクが高くなります。

 

さらに筋肉量が少ないと、熱中症リスク増に追い討ちをかけます。

 

熱中症になったご経験のある方や、夏に体調を崩しやすい方は

 

現状の体力に合わせてですが、運動を始めたり、されている方は継続することに加えて、

 

毎日お風呂に浸かる習慣も大事にしていきましょう。

 

 

立ち姿勢に欠かせない3つのアーチ

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年06月08日(水)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

歩いている際の衝撃を膝や腰、頭まで伝えない、前に進む推進力を生む為、など

 

足には日常生活動作を快適にしてくれる山なりのアーチが3つ存在します。

 

有名なところは土踏まずの部分です。(内側縦アーチ)

 

ここのアーチが無くなってしまっている状態を扁平足と言います。

 

濡れた足を乾いた床に付けて、足型を付けた際に土踏まずの部分にも跡が付く状態です。

 

このアーチが無くなってしまうと、先に挙げた扁平足から外反母趾になったり、

 

膝の内側が痛くなったりなど、各箇所のトラブルリスクを高めます。

 

実際に外反母趾であっても痛みが無いから、問題ないということはありません。

 

そこに痛みがなくても、そこを起点にして、姿勢や日常動作の乱れが生じて、

 

膝の痛みが、足の付け根の痛みが、腰痛が、はたまた肩の痛みが、発生していることもあります。

 

だからこそ、足のアーチを取り戻すことで、様々な痛みや不調のリスクを減らす要因になります。

 

クラブ公式LINEでは、改善方法もお伝えしてまいりますので、ご多用と思いますが、是非定期的にチェックいただけると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

姿勢を良くするための立ち方

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年06月06日(月)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

立ち姿勢を良くするためには、足の着き方が大事になります。

 

足の裏側の3箇所が地面と触れることですが、

 

その場所は、カカト・親指・小指の3箇所が地面に触れることによって、正しい姿勢を作る土台が作れます。

 

しかし、扁平足や外反母趾になってしまうと、足の姿勢が乱れて、

 

足裏が地面に触れるのも3箇所から2箇所になってしまいます。

 

そうなってしまうと、カラダを支える面が少なくなるため、バランスが悪くなり、

 

それを補うために本来以上に働きを求められる筋肉も発生します。

 

それは時間の経過とともに、ふくらはぎ、太ももが引き締まらない、歩行や階段の昇降時に膝が痛いなど、カラダの不調を生んでいきます。

 

このブログを読まれた方は、このあと、裸足で立った際に足の裏のどの部分がついているか?

 

また3箇所がついている感覚があるかチェックしてみてくださいね。

 

 

キレイな姿勢は足下から

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年06月03日(金)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

今回は「足部(足裏)」についてです。

 

膝や腰は割合痛くなったりするケースが多い場所ですので、

 

関心が多い場所になりますが、足部(足裏)は結構ほったらかしにされやすい場所なんですよね。

 

しかし、足部(足裏)は姿勢を整える上で、とても重要です。

 

足部が重要な理由として、地面と足が接地しており、

 

ここの接地の仕方によって立ち姿勢が変わります。

 

足部には人間の骨の1/4が集まっています。

 

骨や関節が多いのはたくさんの場面で足部を使う機会が多いからです。

 

例えば、木を登ることも、地面が凹凸しているような所に立ったり、歩いたり、

 

さまざまな足下環境でも適応でき、姿勢を保つことが可能です。

 

それだけ柔軟性に富んだ構造になっています。

 

これらに加えて、足裏には感覚センサーがたくさん揃っているのです。

 

足下を見なくても、地面に足のどの部分が触れている、

 

体重がかかっているか認識することができると思います。

 

その感知したセンサーは脳へ姿勢情報を送り、

 

脳が再び筋肉へ指令を出して姿勢を維持できるようにしております。

 

だから足の着き方が次第で下半身、上半身の姿勢が変わってしまうのです。

 

では、どんな足の着き方が正しいのか?

 

それは次回に。