メニュー

新着情報一覧 - 健康習慣ジム VIVA 水道筋|神戸市灘区 「続けやすさ」と「成果」にこだわったアットホームな小型スポーツジム

お問い合わせ

新着情報一覧

WHAT'S NEW

【百 峻平】今週の1分間セミナー

カテゴリ: ブログ 公開日:2017年11月15日(水)

 

今日は!百です。

 

VIVA水道筋では、レッスン毎に

 

1分間セミナーというものを行っています。

 

今週の1分間セミナーは月末セミナーで行う

 

「添加物」に関連するお話です。

 

今日はそのお話を少しばかり・・・

 

添加物に溢れた食品市場の中で

 

より害の少ない物を選んで

 

いくためにはコツがあります。

 

それは

 

1.入っている添加物が少ない方を選ぶこと

 

2.毒性の強い添加物を避けること

 

の2つです。

 

毒性の強い添加物に関しては名前さえ

 

憶えていれば避ける事は

 

難しくないのですが、問題は1の方ですね。

 

何故かというと、原材料に

 

「表示されない添加物」が存在するからです。

 

表記されないパターンは6つ存在するのですが、

 

その中でも特に多く使われる「一括表示」について

 

ご紹介します。

 

一括表示とは、同じ目的で使われる添加物であれば

 

一括して表記をしてもいいというルールです。

 

例えば、原材料の中に「香料」が

 

入っている事が載っていたとします。

 

しかし、この「香料」とは1種類だけ

 

を言っているのではなく、

 

様々な「香りをつける添加物の総称」であり、

 

実際はその商品の香りを作るために

 

香りのする添加物を10種類以上ブレンドしたもの

 

が使われている・・・

 

という事です。

 

イメージできましたでしょうか?

 

一括表記のできる種類は「香料」以外にもたくさんあります。

 

「この商品には2~3種類しか使われていない」と

 

タカをくくるのは早いかもしれません。

 

もっと詳しく知りたい!という方は月末セミナーへの参加を

 

ご検討ください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

【山本】大きな世界に住む、小人。

カテゴリ: ブログ 公開日:2017年11月14日(火)
 
こんにちは!山本です。
 
 
「ストレッチをサボったら、カラダが
 固くなってしまった」
 
 
というのは、よく聞く話です。
 
 
人間のカラダは、日常に
即したようになるから
 
 
日々、ストレッチをする人は
カラダが柔らかくなるし
 
日々、筋トレをする人は
筋肉ムキムキになるし
 
日々、運動不足の人は
体力が低下していくし
 
日々、好き勝手に食べ飲みする人は
太ったり、病気になる。
 
全ては、日常の積み重ねです。
 
 
子どものカラダが柔らかいのにも
理由があると思います。
 
 
トレーナー業界では、大人の
カラダが固いことに対して
 
「赤ちゃんの頃はできていたのに
 今はできないですよね」
 
「カラダが退化しているんですよ」
 
という人が多くいます。
 
でも、僕はそうは思いません。
 
 
赤ちゃんや子どもは、カラダが
柔らかくないと生きていけない。
 
 
柔らかいには、理由があるのです。
 
 
この世界は、大人のために作られています。
 
 
全ては大人サイズ。
 
 
机も椅子も、階段も、家も車も
自転車も、何もかも、、
 
 
全てのものは大人が使うことを
前提として作られているのです。
 
 
子どもにしたら、大きすぎ。
 
 
大きな世界に住む、小人です。
 
 
この世界で生きていくためには、カラダが
柔らかくないと生きていけない。
 
 
大人が簡単に上る階段も、子どもたちに
とっては、フェンウェン・パークの
グリーンモンスターよろしく、そびえたつ
大壁です。
 
 
maxresdefault
 
 
それを必死になって上るためには
カラダを大きく動かさなければいけない。
 
 
大きく動かすからこそ、自然と
カラダが柔らかくなる。
 
 
しかし、大人になるにつれて
身長が伸び大きな世界に順応していきます。
 
 
すると、頑張って動く必要もなくなるため
それに応じてカラダも適応する。
 
 
柔らかくいる理由もなくなるため
カラダが固くなっていく。
 
 
これが、大人になるにつれてカラダが
固くなる一つの要因だと、僕は勝手に
思っています。
 
調べてないけど、きっとそうです。
 
 
人間は環境に適応していくから
適応した結果だと思います。
 
 
つまり、カラダを変えたければ
環境を変えることです。
 
 
日常の環境を、そうでなければ
いけないように変えるのです。
 
 
環境を変えることで、カラダは
自然と変わると思います。
 
 
なりたいカラダの日常にすること。
 
 
健康づくりの鉄則だと思います!
 
 
では、また!
 
 
by 山本

サプリって実際どうなの?

カテゴリ: ブログ 公開日:2017年11月14日(火)

 

こんにちは!百です。

 

皆さんはサプリメントを摂取していますか?

 

サプリメントに対しての印象は

 

人により様々であり、

 

「必要だから摂っている」

 

という人もいれば

 

「食べ物から摂取したい」

 

という意見もあります。

 

実際はどうなのでしょうか?

 

確かに薬のような印象がありますが、

 

私は「サプリメントは必要である」

 

と思っています。

 

明らかに現代人の栄養素は偏っているからです。

 

タンパク質も不足しているし、

 

ビタミンも農薬などの影響から

 

今の野菜には昔ほどビタミンが

 

豊富に含まれていません。

 

「なるべく食材から摂取したい」

 

この気持ちはわかるのですが、

 

栄養不足になっているようでは本末転倒です。

 

また、サプリメントには余計な栄養素も

 

含まれていないので、

 

「ビタミンを摂取するために、食材を摂取したら過剰に糖質も摂ってしまった」

 

なんて事も無くなります。

 

効率よくサプリメントを活用し、

 

足りない栄養素だけを補充できるようにしましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

 

【山本】それ必要なの?

カテゴリ: ブログ 公開日:2017年11月11日(土)
 
こんにちは!山本です。
 
 
昨日は、健康産業のイベント
 
「ウェルネスライフEXPO」
 
へ行ってきました。
 
 
IMG 8658
 
 
今、健康産業界で
トレンドとなっている
 
・マシン
・運動プログラム
・サービス
・サプリメント
・健康食品
 
などの展示がされていたり
 
様々な有識者のセミナーが開催され
非常に盛り上がっていたように思います。
 
 
しかし、参加しての感想は
 
 
「あまり面白くなかったな、、」
 
 
という感じです(汗)
 
 
業界の発展に尽力される方々の
取り組みには、頭が上がりません。
 
 
ただ、その中には
 
 
「それ必要なの?」
 
 
というようなものも、たくさんありました。
 
 
健康づくりにおいて、トレンドなんて
ないと思うんですよね。
 
 
トレンドとは、流行りであり
流行りは、数年で廃れます。
 
 
人間のカラダは、数年で変わることは
ないし、流行り廃りなどない。
 
 
必要なことは、いつだってシンプルで
本質的で不変なもの。
 
あっちやこっちと、早々に変わるもの
ではないのです。
 
 
また、各企業が自分たちのアピール
ばかりを好き勝手にやっているのも
違和感を感じるポイントでした。
 
 
「〇〇だけ」
 
では、カラダは成り立たず
「運動・栄養・休養・心の在り方」の
健康習慣で成り立つわけです。
 
 
あたかも、自企業の商品が全てで
完璧であるかのような宣伝は
自分のことだけを考えているとしか
思えない。
 
 
全ては相手のためであり、人のカラダを
良くするためにあるべきです。
 
 
そう考えると、何か一つではなく
健康習慣を売りにするしかない。
 
 
僕は、そう思うのです。
 
 
だから、今回のイベントは
あまり面白くなかった。
 
 
各企業が、自分たちだけでなく
互いの強みを補完し合い、協力したら
良いものが作れるのにな。
 
 
もっと良い業界になるのに
もったいないなと感じます。
 
 
そうは言っても、僕が一人で
どうこうできる問題でもないので
 
僕は、ただただ、目の前のことに
現実的に貢献できる周囲の方々のために
頑張ろうと思います。
 
 
健康産業なんだから、もっと「健康」に
着目しよう!
 
 
自分たちの売りたいもの、得意なものを
アピールするのではなく、人々の健康に
目を向ける産業であってほしいと思います。
 
 
では、また!
 
 
by 山本
 
 

【百 峻平】飽食の時代

カテゴリ: ブログ 公開日:2017年11月11日(土)

 

こんにちは!百です。

 

11月の月末セミナーは食品添加物のお話となっています。

 

今日はその内容を少しばかりご紹介・・・

 

現代の日本は食品に満ち溢れています。

 

もはや「飽食」という言葉が使われなくなるくらいそんな状態が常態化しています。

 

それは何故か?

 

輸入食品などが増えた事も理由の一つではありますが、「食品添加物」の使用用途多彩化により増えた事も考えられます。

 

一方で食事の品質はというと、落ち続けています。

 

それはそうですね。

 

もともと腐って捨てられていたものを食べれる状態にしているのですから。

 

これは食品添加物を全否定しているわけではありません。

 

食品添加物によって豊かさを保っているわけでもありますから、多少なりとも恩恵はあります。

 

しかし、その添加物によって食品の品質が下がり続けている事実も忘れてはいけないと思います。

 

「本当は怖い食品添加物の真実」セミナーは11月30日(木)11:00~ 15:00~ 19:00~の開催です。(もちろん無料!)

 

会員様ではない方もご参加いただけますので、興味のある方は是非ご参加ください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

【山本】「カッコいい」「キレイ」の裏側

カテゴリ: ブログ 公開日:2017年11月09日(木)
 
こんにちは!山本です。
 
 
前回は
 
糖質の摂りすぎで、死亡リスクが
高まるといったお話しをしました。
 
 
糖質とは、食物繊維やビタミン
ミネラルが取り除かれたもの。
 
 
もし摂るのなら、「炭水化物」として
摂ることがおすすめです。
 
 
服を着た「糖質」とでも
言いましょうか。
 
 
・玄米
・全粒粉
・いも類
・根菜類
 
 
などで摂ることがポイントになります。
 
 
ただ、そうは言っても
 
 
・白米も食べたいし
・小麦パンも食べたい
・お菓子もケーキも食べたい
 
 
と思うし、全てを頑なに排除するもの
生き方として堅苦しい。
 
 
だから、僕がいつも思うのは
バランスが大切だということ。
 
 
糖質には、食物繊維とビタミン
ミネラルが少ないので、他で
補ってあげればいいのです。
 
 
僕がサプリメントを飲むのも
バランスを保つため。
 
 
食事では補えきれない栄養素を
カバーするわけです。
 
 
乱れた栄養バランスを
調整するのです。
 
 
他には、
 
出来るだけ「白米だけ」で
食べないようにするとか。
 
 
おにぎりにするなら
ヒジキや昆布を混ぜる。
 
納豆やたまごと一緒に食べる。
 
玄米にしても、白米にしても
食べ過ぎないようにする。
 
 
など、自分の中での「決め」を
作っています。
 
 
健康的だったり、かっこいいカラダを
している人は必ず自分の中で「決め」
があるんです。
 
 
「行動規定」があるんですよね。
 
 
何も考えずに、ただ感情の赴くままに
行動していれは、健康も害すし
体型も崩れる。
 
 
まずは
 
「どのように生きたいか」
 
と言う人生観を持ち
 
それに合わせた、「行動規定」を
持つことが大切ではないでしょうか?
 
 
・健康な人
・カッコいい人
・キレイな人
 
 
には、理由があるんですね。
 
 
見た目だけでなく、そうした目には
見えない部分を真似ることが
大切だと思います。
 
 
「行動規定を持つこと」
 
 
今日から、意識してみましょう!
 
 
では、また!
 
 
by 山本

【百 峻平】過食でダイエット??

カテゴリ: ブログ 公開日:2017年11月08日(水)

 

こんにちは!百です。

 

今日、あるお客さまに

 

『この前TVで「帳消しダイエット」っていうのがやっていて、食べ合わせ次第でいっぱい食べても太らなくなるって言ってたんだけど本当なの?』

 

と聞かれました。

 

正直それを聞かれたときは「TVむちゃくちゃやな!!」

 

と笑ってしまいました(笑)

 

しかし、詳しい内容も知らず否定しても仕方がないので、次回までに調べておくと約束をし、実際に調べました。

 

結果ですが、想像以上に酷いものでしたね・・・

 

内容は以下のようなものです。

 

①ラーメン+チャーシュー

「ラーメン」単体では「糖質+脂質」のみとなってしまい太るが、「チャーシュー」を加えると「タンパク質」が摂取できるので大丈夫

 

②ラーメン+バナナ

「ラーメン」単体では塩分過多となるが、「バナナ」を加える事によりカリウムが摂取できて塩分を排出できる

 

などなど・・・

 

正直、ツッコみどころしかありません(笑)

 

「チャーシュー麺とバナナを一緒に食べたら太らない」という事ですからね(笑)

 

ラーメン単体よりチャーシューがあった方がタンパク質も摂取できるのでバランスは多少なりとも良くなるのは頷けますが、ダイエットに効果があると言えば当然そんなことはありません。

 

「白ごはん単体では太るから、肉も一緒に食べましょう」と言っているのと同じですからね。どう考えても痩せないでしょう(笑)

 

チャーシューにはカルニチンという脂肪燃焼を助ける効果のある栄養素があると書いてありますが、仮にカルニチンを大量に摂取しても糖質が過多であればそちらの影響の方が圧倒的に強く、太ります。

 

ましてや、チャーシューに含まれているカルニチン量なんて、限られているのですから。

 

ラーメンとバナナに関しては論外です。

 

塩分の排出には多少の効果があるかもしれませんが、明らかな糖質過多になります。

 

麺は小麦であり、糖質です。

 

同じ小麦粉から作られた「パン」と「バナナ」を一緒に食べても痩せないのは容易に想像できると思います。

 

このような偽情報にだまされないために、ダイエットを試みる上で必ず覚えておいてほしい事があります。

 

ダイエットとは大前提に「余分なものを無くす」事から始まります。

 

何かを付け足して痩せるなんて不可能なので、騙されないようにご注意ください。

 

少々長くなりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

【山本】〇〇7割超えが、死亡リスクを上昇させる?

カテゴリ: ブログ 公開日:2017年11月07日(火)
 
こんにちは!山本です。
 
 
本日のYahoo!ニュースより。
 
 
「炭水化物が毎食の7割超え」は注意
死亡リスク上昇 
 
 
記事によると、
 
総エネルギーに対する、炭水化物由来の
エネルギーの割合が高すぎる人は
総死亡リスクが高いとのこと。
 
 
また、その炭水化物の多くは
精製された穀物が中心のようです。
 
精製された穀物とは
 
 
白米
小麦粉
白砂糖
 
に代表されるような
白くて栄養価の低いもの。
 
なぜ、栄養価が低いかと言うと
必要な食物繊維やビタミン、ミネラル
が取り除かれているからです。
 
 
炭水化物とは
 
「糖質」と「食物繊維」を併せたもので
精製することで食物繊維が取り除かれて
「糖質」になってしまいます。
 
 
だから、厳密には
 
「糖質が毎食7割超え」は注意!
 
と言えますね。
 
 
例え、食べている量が少ないとしても
糖質中心の人っていますよね。
 
 
朝は、食パンとコーヒー。
昼は、パスタとサラダ。
夜は、白米とおかず。
 
 
こんなパターンは要注意。
 
 
一見、太っていないとしても
 
 
常にしんどい
体調を崩しやすい
肌の調子が悪い 
筋肉が少ない
かくれ肥満 
 
など、カラダに影響が出る
可能性が高いでしょう。
 
 
いつも話すように、「〇〇し過ぎ」が
健康を害するのです。 
 
糖質に偏りすぎることなく
必要な栄養素でカラダを満たして
あげましょう!
 
次回も、この続きのお話です。
 
 
では、また!
 
by 山本

【百 峻平】ハリウッドスターが認めた最大の美の秘訣

カテゴリ: ブログ 公開日:2017年11月06日(月)

 

 

こんにちは!百です。

 

先日TVをつけると、

 

ハリウッド女優に対し、出演する

 

新作映画についてのインタビューが行われていました。

 

「ガル・ガドット」というとても綺麗な女優です。

 

インタビューの質問で日本人の女性記者が、

 

「美の秘訣は何ですか」

 

と聞いている場面がありました。

 

あそこまで綺麗だと気になるのに無理はありませんね。笑

 

さて、この質問に対して

 

ガル・ガドットは何と答えたのでしょうか?

 

高級な化粧水?

 

それとも、高額なサプリメント?

 

いいえ、違います。

 

ガル・ガドットはこう答えました。

 

「水をたくさん飲む事よ。どんな化粧水を使うのよりも効果的だわ!」

 

あまりにシンプルすぎて驚かれていましたが、

 

意外とこれができている人は少ないです。

 

人間は一日に1.5Lの水を摂らなければいけないのですが、

 

意識しなければなかなかこの量は摂取できません。

 

足りていないというのはつまり「材料不足」

 

のような状態なので、どんな

 

高級な化粧水よりを肌に塗りたくっても

 

解決できる問題ではありません。

 

明日、どれだけ自分が水を飲んでいるのか

 

確かめてみるのも面白いかもしれませんね(^^)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

【山本】痩せるために、お酒を「止める」必要はない!

カテゴリ: ブログ 公開日:2017年11月04日(土)
 
こんにちは!山本です。
 
 
「私が痩せるためには
 お酒を止めなければいけない」
 
 
と考える人は、絶対に
痩せることができない。
 
 
同じく
 
 
「私が痩せるためには
 甘い物を止めなければいけない」
 
 
と考える人も同様。
 
 
何故かというと、「止めること」は
ほぼ不可能だから。
 
 
相当の覚悟や意思があれば別ですが
多くの人はそんなものは持ち合わせていない。
 
 
また、もし一時的に止めたとしても
続かないから。
 
 
なんでもそうですが、問題なのは
 
「〇〇し過ぎ」
 
ということです。
 
 
お酒の「飲み過ぎ」
甘い物の「食べ過ぎ」
 
が問題であって、それを「0(ゼロ)」
にする必要はないと思います。
 
 
ただ、減らせばいいだけの話です。
 
 
10だったものを5にするだけで
十分に効果は得られるし、その方が
長続きすると思います。
 
 
続けるからこそ、習慣になる。
 
 
私たちは、「習慣」を大切に
考えています。
 
 
一時的な取り組みや
一時的な変化ではなく
 
 
長く続く習慣にすること。
 
 
ダイエットで言えば、ダイエットなんて
する必要がない習慣を持つことが
大切だと思います。
 
 
ダイエットが必要のない習慣づくり。
 
 
それこそが、ダイエットをする
ということだし、成功と言えます。
 
 
一時的に痩せただけでは、成功
したとは言えません。
 
 
適切な習慣が身についてこそ
成功だと思います。
 
 
ダイエットとは一生おさらば。
 
 
そんな人生も良いと思います!
 
 
では、また!
 
 
by 山本