メニュー

新着情報一覧 - 健康習慣ジム VIVA 水道筋|神戸市灘区 「続けやすさ」と「成果」にこだわったアットホームな小型スポーツジム

お問い合わせ

新着情報一覧

WHAT'S NEW

コレステロールの必要性

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年03月26日(土)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

コレステロールは、カラダにとって必要なものであることをお伝えしましたが、

 

今回はどのようなことに使用されているか、についてです。

 

まずはカラダをウイルスなどの外敵から守る役割です。

 

カラダは60兆個の細胞が連なってできております。

 

その細胞には膜が貼られていて、その膜がコレステロールを材料として作られております。

 

それによってウイルスが侵入して感染しないように、栄養や酸素を取り入れて、不要な老廃物を出すなど、細胞を良い状態に保つサポートをしています。

 

同じカラダを守る働きとしては、免疫に関わるビタミンDの材料にもなっております。

 

次にカラダの機能を正常に保つ為のホルモンの材料です。

 

血糖値を下げる、インスリン。

 

ストレスに抵抗する、コルチゾル。

 

気持ちを落ち着かせる、セロトニン。

 

などなど、書ききれないくらいのホルモンの材料に関わっております。

 

これだけ必要なコレステロールだから、カラダで作れるようにもなっておりますが、

 

それだけでは足りない為、普段の食事から補わなければなりません。

 

だからダイエットで脂質をカットするというのは、カラダの機能を低下させたり、

 

健康を損なう可能性を高めてしまいます。

 

まずは、コレステロールがカラダにとって必要なものであることを認識して

 

必要な脂質を適量に摂るようにしましょう。

 

コレステロールは大切な役割

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年03月24日(木)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)で認識され、名前の如く悪玉はカラダにとって、

 

マイナスというイメージがついております。

 

ただ実際には、善玉も悪玉もなく、2つで1セットとして役割があります。

 

それが肝臓から各所にコレステロールを送るLDLに対して、各所からコレステロールを回収して肝臓へ送るHDLです。

 

このようにどちらもカラダにとって、必要な役割をになっておりますが、

 

LDLは悪玉と呼ばれております。

 

LDLが増えすぎてしまうと、各所に送るコレステロールの量が増えます。

 

そうなると、需要に対して供給が勝ってしまい、血管内に留まり、血管の壁にくっついてしまいます。

 

それが時間の経過とともに、動脈硬化へのリスクが高くなり、最悪のケースは心疾患や脳疾患に繋がっていきます。

 

だからと言って、コレステロールはカラダにとって、必要な役割がありますので、下げればいいというわけにはなりません。

 

その為に、日常の生活習慣が大事になります。

コレステロールは悪者ではない

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年03月22日(火)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

クラブ内では、1分セミナー(1分では終わらず、2分〜3分経過することも・・)を毎回のレッスンで行っております。

 

今週からは「健康診断に向けて」というテーマで、コレステロールのお話です。

 

呼び名として善玉、悪玉と2つに分けられているコレステロールですが、

 

実はどちらも欠かせないものです。

 

悪玉コレステロールは、LDL

 

善玉コレステロールは、HDL

 

という、本来の呼び名があります。

 

そして、悪玉と呼ばれるLDLは、カラダの中で必要な材料として各エリアへ運ばれます。

 

どんなことに使われているのか?

 

カラダの中に侵入したウイルスが細胞内に侵入できないようにバリア膜を張っておりますが、その材料になったり、

 

免疫に関わるビタミンDの材料、

 

カラダの正常機能を保つための各ホルモンの材料

 

と大事な役割を担っているのが、LDL、悪玉ホルモンなのです。

 

このように書くと、とても悪玉なんと言えないですね。

 

カラダにとって、必要なコレステロールなです。

 

では、なぜ悪玉と呼ばれてしまうのか?

 

善玉と呼ばれるHDLはどんな役割か?

 

は次回にお話しします。

 

 

 

歩き方と呼吸は影響し合う

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年03月16日(水)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

タイトルのとおり、呼吸と歩き方はお互いに影響します。

 

姿勢を良くしようと腰を反ったり、胸を張ったり、

 

座りすぎから頭や首が前に出てしまった姿勢など、

 

日常化していると、呼吸も歩き方も本来の理想から崩れていきます。

 

その1つに、上半身(特に肋骨周辺)が硬くなることが原因です。

 

肋骨はトリカゴのように見えて、動かないと思いきや、

 

左右対称、左右別々にも動きます。

 

この肋骨の動きはとても重要です。

 

そして、この肋骨周辺が硬くなることで、呼吸も歩き方も崩れてしまうのです。

 

動きが崩れてしまっても呼吸や歩行はできますよね。

 

しかし、その代償を他の筋肉がカバーすることになりますので、

 

カラダは疲れやすくなります。

 

さらに、影響が筋肉だけに止まらず、呼吸や呼吸に関わる筋肉は自律神経に働きかけますので、

 

消化や血圧、ホルモン、ストレスの感受性などの調整にも関わります。

 

だから、呼吸や歩行を整えることは前述したカラダの機能を正常に保つことにもなるのです。

 

歩行や呼吸が崩れないように普段のエクササイズやストレッチを定期的に行っていきましょう。

 

公式LINE内でも、動画や画像でもご紹介しておりますので、

 

ご登録されていない方は、ぜひご登録くださいませ。

 

https://lin.ee/jyw5nnZ

 

 

空腹で筋トレは危険

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年02月14日(月)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

タイトルのとおり、空腹状態で筋トレを行うことはオススメしません。

 

これは効率を悪くするだけでなく、体調を悪くする危険性があるからです。

 

筋力トレーニングはウォーキングのように、同じ動作を何分も繰り返すことはできません。

 

この長く動作ができない、カラダにかかる負荷が強い運動の際のガソリンは糖質になります。

 

筋力トレーニングは100%糖質です。

 

だから空腹状態での筋力トレーニングは本来できないはずが、

 

でも、できてしまいますよね?

 

それはご自身の筋肉を糖質のガソリンとして切り替えて使用しているからです。

 

これは糖新生といって、肝臓で行われております。

 

これを繰り返されると肝臓での負担が増えていきます。

 

話を戻せば、空腹でトレーニングをしていれば、筋肉を増やしたくても効率が良くないですね。

 

だから、筋力トレーニング時は空腹にならないように、

 

仮に空腹であれば、時間にもよりますが、バナナやゼリー飲料、スポーツドリンクなど

 

糖質が含まれ、消化に負担のかからないものを選ぶようにしてみてくださいね。

痩せないのは内臓を酷使しているから

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年02月06日(日)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

運動をしている、食事量も減らしている

 

でも、痩せないという方は内臓が疲れているかも。

 

内臓が疲れてしまうことで代謝活動(カロリー消費)をする上の

 

ガソリンを効率よく作れなくなります。

 

そうなると、本来可能とするカロリー消費が減りますので、

 

体型の変化が見込めなくなりますね。

 

では、内臓が疲れてしまう原因とは?

 

・オメガ6などの植物油脂の摂りすぎ

 

・添加物の摂りすぎ

 

・お酒の飲み過ぎ

 

・薬の服用・多用(緊急性のない)

 

・腸内環境の乱れ

 

などですね。

 

これらによって、カラダがストレス状態に晒されます。

 

そうなると、ストレスホルモン(コルチゾル)が出て、

 

ストレスによって炎症を起こしているところへ消火活動に向かいます。

 

ただこれらが続くと、今度は消火活動の出元の副腎が疲れてしまったり

 

ホルモンの出る量が減り、消火活動に向かえなくなります。

 

これではカラダ本来の機能が失われてしまいますので

 

これがダイエットであれば、痩せにくいカラダになってしまいます。

 

では、どうすれば良いか?

 

次回に続きます。

 

 

ストレスと代謝

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年02月04日(金)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

運動しているのに、食事を整えているのに「やせない」という方がおります。

 

そのような方は、ストレスが原因かもしれません。

 

カラダに色々なストレスが襲いかかることで、カラダのあちこちで炎上が起こります。

 

そこでストレスホルモンが火消しに向かい、修復に向かいます。

 

ただこれが続くと、甲状腺という首のあたりから出ているホルモンの分泌が悪くなります。

 

この甲状腺のホルモンは代謝を高める上で重要なホルモンです。

 

分泌が悪くなることはカロリー消費が悪くなるということ。

 

またダイエットだけでなく、代謝活動のガソリンを作るうえで甲状腺のホルモンは必須です。

 

これがないと新陳代謝が上手に起こらなくなり、結果としてカラダの機能低下を起こし、

 

疲れやすさ、老化、病気の要因となります。

 

だからこそ、ダイエットだけでなく健康維持のためにもしっかり分泌させることですね。

 

そのためにもストレスを解消、回避、緩和させることが大切になります。

 

ただストレス以外にも分泌を低下させてしまう原因があります。

 

それは次回に。

 

 

体脂肪が減らない理由①

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年01月28日(金)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

運動しているのに、食事も偏りや不足なく食べているのに、

 

体脂肪が減らないと言われる方もいるでしょう。

 

その原因の1つにストレスによる代謝低下です。

 

これは多分に影響をうける原因となります。

 

人間関係の心理ストレス、職場や引越し、音などによる環境ストレス、

 

過剰な運動や食べ過ぎ、添加物、睡眠不足などによる肉体的ストレスなど

 

常にストレスがかかる日常です。

 

それらを上手に回避されたり、解消される方もいれば、

 

それらを苦手とする方もいるでしょう。

 

このストレスが大きくかかり続けると、カラダのあちこちで

 

炎症を起こしやすくします。

 

この炎症の火消しにあたるホルモンがストレスホルモンです。

 

ただし炎症の火消しが行われている間は、

 

代謝を高めてくれるホルモンが抑えられてしまうのです。

 

 

なぜ太ってしまうのか?①

カテゴリ: ブログ 公開日:2022年01月01日(土)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

筋トレしているのに、有酸素運動しているのに、サラダだけしか食べていないのに

 

朝は食べていないのに、だけど痩せない、体重が落ちないという方は多いと思います。

 

体重や体脂肪が落ちないのは必ず原因があります。

 

原因がなく、体重や体脂肪が落ちないということはほとんどありません。

 

その原因を挙げれば、多く挙げられますが、

 

その1つが「脂質」の摂りすぎです。

 

「え!?」

 

と思う方もいるかもしれません。

 

糖質制限であれば、脂質は制限なく摂って良いと言われています。

 

勿論、糖質制限にもメリット、デメリットがあります。

 

メリットは結果が早く出やすいことですね。

 

デメリットはリバウンドしやすいことやカラダへの負担が大きいことです。

 

何がなんでも、その1日の為に体重や体脂肪を落とさなければならない方は

 

それも1つの選択肢なのかもしれません。

 

ただここでは健康習慣というのも兼ねて、

 

リバウンドや健康を害するリスク、疲労感などを減らして行うダイエットを主にしてお伝えします。

 

健康診断で体重や各種数値の改善が必要な方や何度もリバウンドを繰り返してしまった方、

 

カラダの負担を減らしてダイエットをしたい方は是非参考にしてみてくださいね。

 

次回より具体的な内容になります。

 

炭水化物を減らさないこと

カテゴリ: ブログ 公開日:2021年11月26日(金)

こんにちは。

 

健康習慣ジムVIVA水道筋の佐藤です。

 

炭水化物=悪のように思っておりませんか?

 

炭水化物は糖質と食物繊維で成り立っております。

 

炭水化物が悪なのではなく、一部の糖質が悪です。

 

そして、炭水化物はタンパク質や脂質に比べて、

 

使用する過程でカラダにかかる負担が一番少ないのです。

 

タンパク質や脂質はアンモニアや活性酸素を発生させますが、炭水化物は二酸化炭素です。

 

二酸化炭素もカラダにとって害のように感じますが、

 

実は皆さんが吸った酸素を細胞に取り込む際に少量の二酸化炭素が必要になるのです。

 

つまり、炭水化物を摂っていることにより、使用過程で生じた二酸化炭素がそのまま利用されるのです。

 

そのようにして、カラダの酸欠状態を防いでおります。

 

しかし、タンパク質や脂質では二酸化炭素をあまり発生させない為、ガス欠状態になりやすいのです。

 

稀にタンパク質や油多めの食事をして、カラダが疲れやすい、重だるいという方がおりますが、

 

上記のようにガス欠が行なっている可能性が高いです。

 

このようになると代謝がわるくなるので、ダイエットにとってはマイナスとなります。

 

だから炭水化物を減らさないようにして、カラダを動かせるようにしておくことは大切です。